【濃厚魚介豚骨つけ麺】二代目つじ田 @麹町(東京都)

東京での2日間の講習が修了して、
帰郷の前に夕食を。
『二代目つじ田』 麹町店は、
つけ麺がメインの、ラーメンの人気店です。

画像
二代目つけめん

麺がたっぷり。これで普通盛り?! こうでなきゃ
カフェもいいけど、やっぱりラーメンだよ

ところで、こちらには“つけめん食べ方流儀”が掲げられています。

画像
まずは、

一、そのまま食すべし。

とろりと濃厚な豚骨スープは魚ダシがガツンと効いて、ひと口目からインパクト大です。
ストレート極太麺をたっぷりくぐらせたらずずずっ、ワシワシと喰らっていきます。
なかなかの強いコシ。食べ応えがあります。
重厚な味わいのスープと相まって、一見すると荒々しい印象ですが、
麺はなめらかでスムースな喉越し。しつこさはなく、どんどん食べ進めます。

画像
そして、

二、三分の一を食べ終えたら、麺にすだちを搾り食すべし。

画像
すだちの爽やかな香りと酸味が加わり、さっぱりと。

スタンダードの“つけめん”に対し、“二代目つけめん”には、
角切りのバラ肉チャーシューがごろんごろん。たっぷり入っています。
これも食べ応えがあります。

画像
さらに、おいしさは次のステージへ。

三、最後の三分の一は、黒七味の風味を生かして食すべし。

黒七味とは?
創業元禄十六年(1704)、京都祇園 原 了郭が製造している、
由緒ある薬味です。

画像
マイルドな辛味と、山椒で香味のアクセントを。
次々に変化する味わいで、麺の最後まで楽しませてくれます。

画像
ここからは我流で。シメには割りスープを。
直にすだちを搾って、黒七味を振ります。
それにしてもこのスープ、割ったにもかかわらず味が濃い。
味付けがわずかでも濃く感じるのは、それだけ旨みが凝縮しているってことかな。
スープも完食!おいしかったぁ


画像
真夏日が続いた暑さはどこへやら、肌寒い秋雨がふりしきる中、
次々と客が訪れていました。人気店ですね。


ごちそうさまでした。







めん徳二代目つじ田 麹町店の場所はこちらです。



関連ランキング:つけ麺 | 麹町駅半蔵門駅永田町駅



■いつもご覧いただいてありがとうございます。■
今日は何位かな !?

★ポチッとしてもらえると、順位に反映されます。
応援よろしくお願いします。

【このブログに投票する】
★にほんブログ村ランキング   ★人気ブログランキング
                
  新潟ブログでの順位は?!     地域情報 (新潟県)ブログ
 にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ     人気ブログランキングへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ATS1965
2010年09月24日 06:56
二代目つじ田=5-6年前に食べました。
濃厚な魚介スープにむちむち麺は私がつけ麺にハマルきっかけになった店と言っても過言ではないです。
スダチも目新しかったし、あの黒七味が美味かったです。
場所はドコかなと道をさまよっていても大行列ですぐ分りますよね。
2010年09月24日 21:52
>ATS1965さん
すだちが半切れ、すべてのラーメンについてくると
いうのは、今までに見たことがありませんでした。
黒七味といい、濃厚なつけ汁を味を変化させることで
飽きさせない方法として、よく考えてありますよね。

麹町店はこの日は雨だったせいもあってか
客足は落ち着いていたようですが、
この前日は、夜7時に通ったところ、
スープ切れで閉められていました。
10席ほどのこじんまりした店ですが、
かなりの来客数があるのが想像できます。
ホント、人気店ですよね。

この記事へのトラックバック