【ふらいぱんうどん】 つくってみた。

『つるりん房』で購入した、
まるや君が代の“ふらいぱんうどん”。
うどんをフライパンで玉子とたれで和えるという、
ユニークな乾麺のうどんです。

画像
うどんに、すきやき風味たれがついてきます。

画像
作り方が丁寧に書かれています。
麺を玉子に絡めるというと…よーするに、カルボナーラ的な?
ということでレシピには無い、パルミジャーノチーズとあらびき黒コショウを用意。
うどんにチーズ?たれと合うのかな…?まぁ大丈夫っしょ

画像
レシピにはフライパンでゆでる、とありますが、一度に作る量が多かったので、
鍋で茹でています。

その間にフライパンはオリーブオイルを引いて、細切りのベーコンを炒めておきます。
これにちょうど冷蔵庫にあった、まいたけも。
具が炒まったら火を止めて、一旦皿に取り出します。
空いたフライパンには玉子を入れて、少しとろ火でかきまぜて軽く熱を通しておきます。

うどんが茹で上がったら麺がくっつかないように軽めに湯きりをして、たれと玉子で和えます。
この時フライパンは火にかけないで、
うどんの熱さとフライパンの余熱だけで絡めると、
玉子が半熟にとろ~りとなじんで、ポソポソにならないで良いかと。
焼きうどんのように炒めず、和える感じで。

あと、うどんには塩が使ってあるようで、
茹で汁に塩気があるので、たれの量はお好みで。
今回は多めに6人前茹でたんですが、たれは4人前分でちょうどよかったです。

仕上げにパルミジャーノ、黒コショウ、そして炒めた具を混ぜて、
万能ねぎを散らせばOKです。

画像
できあがり!残り物のポトフにホールトマトを入れて作った、ミネストローネを添えて。
イタリアンな食卓です。うどんなのに。
盛り付けはブログに書くなら、もうちょっと見映えよくできればよかったよーな…
いかにも家庭料理です(^^ヾ

画像
たれと玉子を纏って、とろ~りとしています。
甘めのすきやき風たれのしょうゆ味に、パルミジャーノチーズ、ベーコン、
そしてまいたけの旨みが合わさって、濃厚な味わい。
こりゃあうまい

このうどんには新潟県産コシヒカリの米粉が練りこんであって、
米粉を入れることで茹で後の麺ばなれが良く、麺どうしのくっつき・べとつきが
少なくなるんだとか。つゆのない、和え麺・つけ麺的なメニューにはぴったりの麺です。
あと、コシの強さとはまた違った、ごはんのようなもっちり感もこの麺ならでは。
また買って食べてみたいなぁ。


ごちそうさまでした。







つるりん房の場所はこちらです。




 ■皆さん、いつもご覧いただいてありがとうございます。■
今日は何位かな !?

★ポチッとしてもらえると、順位に反映されます。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

【このブログに投票する】
★にほんブログ村ランキング   ★人気ブログランキング
                
  新潟ブログでの順位は?!     地域情報 (新潟県)ブログ
 にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ     人気ブログランキングへ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

ATS1965
2010年03月21日 10:50
これってたれを入れなければ完全にカルボナーラですねぇ。
甘めの醤油ダレに卵ってコトはすき焼き風を狙ったのかな?
すごく美味しそうです。
今日のお昼はウドンにしようかなぁ。
2010年03月22日 10:00
おいしそうですか(^-^) ありがとうございます。
君が代のパンフにあった調理例の写真をみると、
茹で汁をもっと多めに残して、そこに玉子を溶いて
半熟に混ぜ合わせて、あんかけっぽい感じに。
トロトロにしてありました。
そのほうが和食っぽい仕上がりかも。

たまには和えうどんもいいもんです。

この記事へのトラックバック